CLOSE

経営者による見解

東南アジアにあるタイは、拡大メコン圏の中心に位置するだけでなく、ASEAN 或いは東南アジア諸国連合の中心でもあり、世界的に見ても経済的な成長を急速に高めている。
そしてこの一帯は ASEAN Economic Community (AEC)或いはアセアン経済共同体にも加盟しており、特に 2020年に向けて安定した人口、そして才能ある豊富な人材開発の発達に力を入れているため、タイは貿易促進、商流、投資、そして資本投下に過大な利益を与える事ができる、いわば黄金地であるとも言えるであろう。加えて経済発展や社会情勢の向上にも有益である。
例えば304工業団地はSouthernEconomicCorridor (SEC)または東西経済回廊の基板上に立地されているだけでなく、カンボジアのプノンペンやベトナムのホーチミンなど、この工業地域一帯よりインドシナ東西回廊への製品輸送・貿易も行われている為、304工業団地はレムチャバン港の戦力にもなっているほか、スワナプーム国際空港やタイの首都であるバンコクへの交通にも非常に長けている。

我々はプラーチーンブリー県の産業投資開発地区に属している事から工業発展にかなう為、今まで多くの投資家に特典や恩典を付与してきた。加えてこの区域一帯には自動車や電子工学生産者も集まっている事から互いに連携し合うことが必然となっており、また東北部に隣接している事からタイの大きな労働力市場にもなっている。

この工業地域の最大の特徴は海抜 14 - 20メートルで洪水の恐れがなく、そして水質基準を満たした排水処理はこの辺り一帯が生み出したここだけにしかない優良条件なのだ。

そのほかにも 304 工業団地内の整ったインフラ設備や近隣のサービス施設などの要因で補助されていることから、投資家や顧客、あなたの所望に答える事ができる最適で完璧な出資先だと言える。

そしてこの工業地内では巨大な貯水池を保有し、その規模はタイの工業団地では最大の4000万立方メートルほどある為、生産に利用できる水量は十分に事足りる。
注目は配水法。洪水の恐れもなく、使用済みの配水も浄水をした後に最大限再利用できるように考案されているのだ。それだけではない。この工業区域には自家発電設備も整っており670MWの発電力を所有しているほか、緊急時の電源確保などの役割を果たすタイ地方発電公社からの受電体制も万全だ。
そしてタイの規定や法律について進言できる担当者も勤務している事で、安心かつ潤滑にあなたの事業を進める事が出来るだろう。

“あなたの暮らしの品質を決めるのは実績と拠点”

304工業団地は全ての経営者と従業員に快適な生活を提供する為に質の良い設備・住居は勿論、4星リゾートホテルやレストラン・マーケットから病院や勉学先など行き届いた環境に囲まれている。
304工業団地の魅力は産業界の最先端になりうるポテンシャルを持つだけでなくエコ産業都市 (Eco Industrial Town)として人・環境にやさしく住みやすい街づくりを意識している。