CLOSE
304 Industrial Park

他にはない優良な立地条件

物流に不可欠な港、空港、バンコクそしてタイの労働資源の源となっている、ナコンラーチャシーマー県など、主要地点の扇の要に位置する304工業団地

304 工業団地はプラーチーンブリー県内にあり、バンコクへの交通機関も出揃っている。 そして海抜14-20メートルに位置し、レムチャバン港、スワナプーム空港、国内でも重要な労働資源の源となっているナコンラーチャシーマー県にも隣接し交通も便利である。

Prachinburi

自動車産業センター(写真) 

Chachoengsao

電子工学産業センター(写真)

自動車産業と電子工学生産者などの大手企業と隣接

M304工業団地は全てに整った産業地であるだけでなく、近隣に大手企業の産業センターがあることから数時間での往来が可能。つまり、304工業団地は産業投資開発地区の中心部にあるだけでなく、多くの自動車産業界並びに電子工学界との繋がり・協力があるのだ。

304 Industrial Park

加えて拡大メコン圏の一部でもある、南部経済回廊(Southern Economic Corridor)の基板上にも接しているのでインドシナへの新たな投資への道を開く事が可能。

その理由としてアセアン経済共同体(ASEAN Economic Community 通称 AEC)はタイを今や経済界には欠かせない重要な国として認識している事、そして我々304工業団地もまた様々な可能性を秘めたひとつのインフラストラクチャーとして認識を得ている。南部経済回廊の基板上にも位置することからカンボジアのプノンペンやベトナムのホーチミンへの接点も容易であることからもインドシナへ向けた新たな出資をする上でその物流窓口として期待されているのだ。